米国でAppleCareを装ったフィッシング詐欺電話が発生

セキュリティ研究者のBrian Krebsは、AppleCareからの電話を装った最新のフィッシング詐欺の1つについて説明しています。電話の着信は正規のAppleサポートラインからのものと同位置です。

Krebsが述べたように、セキュリティコンサルティング会社Global Cyber​​ RiskのCEOであるJody Westbyは、AppleのユーザーIDを含むサービスが危険にさらされていることを警告する自動電話を彼女のiPhone上で受けました。

その自動電話は彼女に1-866の番号に電話するように依頼しました。
Westbyは、公式のAppleサポートページからAppleサポートに連絡し、従業員に連絡するよう求め、元の自動電話が詐欺であることを突き止めました。

詐欺の電話先に電話すると、1分後、ある人が電話に出てきたので電話の理由について尋ねました。電話は保留にされ、そして電話は何の解決もせずに切断されたと答えた。

この偽装電話は、何らかの情報収集か、何らかの犯罪を意図しているものと考えられ、注意が必要です。

(via MacRumors