Citiのアナリスト、iPhone XS Maxの生産予測を引き下げ!

Citiのアナリスト、ウィリアム・ヤン氏は、高価格のiPhone XS Maxの製造予測について48%も下方修正しました。

この結果、当初、5,000万台だった2018年第4四半期のiPhone製造予測を4,500万台に引き下げました。

これにより、2019年第1四半期の製造予測も引き下げられました。これについてはTFインターナショナルセキュリティーズのアナリストが、12月上旬に2019年第1四半期のiPhone出荷予測を20%削減しています。

iPhone XS Maxは、ディスプレイサイズ6.5インチに拡大したことから、発売当初の売上げは好調でしたが、アーリーアダプタの購入が一段落すると販売が低調になっています。

(via Reuter