Apple、2020年発売のiPhoneにIntel製5Gモデム搭載を計画!

Fast Companyからの報告によると、Appleは2020年にiPhoneに5Gを導入する予定です。AppleはIntelの「8161 5Gモデム」を使用し、唯一のサプライヤーとなる見込みです。これまではQualcommが。サプライヤーに入っていましたが、特許に関する法廷闘争を行っていることから、AppleはIntelにシフトしました。

Intelは、8161の先駆けとして、8016と呼ばれるモデムを使用して、5G iPhoneの試作でをテストしました。 8161は、インテルの10ナノメートルプロセスを使用して製造されます。これにより、トランジスタ密度が向上し、より高速で効率が向上することになります。

Appleは、現行lの8060モデムに満足していないと言われています。Intelはこの最新のチップで発熱を減らすことができていません。これは、米国の通信事業者VerizonとAT&Tが5Gネットワ​​ークにミリ波スペクトル(30〜300 Ghz)を使用する計画であるため発熱低減は重要です。

このような発熱は、初期の4G LTE電話で発生したのと同様に、バッテリ寿命を低下させます。

Intelは、この問題はすぐに解決され、AppleがQualcommを採用せざるを得ないほど深刻ではないと考えています。しかし、一歩のAppleは、楽観的ではなく、他のメーカーのチップを採用することも選択肢の1つとして考えています。

(via 9 to 5 Mac