AnandTech、iPhone XSに搭載された「A12 Bionic」チップの性能をレビュー

「A12 Bionic」チップでは、CPUコアの大幅な変更(7nm製造プロセス)、GPUのメモリ圧縮など、ニュー・アクセラレータの大幅な改良が行われています。モリの負荷が大きいと消費電力が3.64Wにアップします。「A11」では3.36Wでした。

最大周波数に達するまでの速度は、iPhone 6の「A9」では、435msかかりましたが、iOS 12で動作する「A12」では80msに短縮されています。

エネルギー効率では、Android SoCよりうもパフォーマンスが2倍近く優れています。

AnandTechのベンチマークテストでは、A12のボルテックスコアとアーキテクチャの改良により、Appleが宣伝している15%の性能向上よりも、遙かに高い性のアップを示しています。

SPECint2006のベンチマークでは、A11よりも平均24%性能が向上しています。

(via MacRumors