Apple、Salesforceと連携強化、iPhoneとiPad用顧客関係管理(CRM)プラットフォームを利用したアプリを提供

Appleが、Salesforceと連携強化すると発表しました。Salesforceは、世界一の顧客管理プラットフォームを提供しています。

Salesforceは、Appleとの協力関係の中で、Salesforceは自社のアプリケーションを再設計し、このモバイルプラットフォームに、iOSでしか利用できない新機能を採用していくとのことです。

また、何百万ものSalesforceデベロッパに対してツールとリソースを提供し、iOSのために用意された新しいSalesforce Mobile SDKを使ったネイティブアプリケーションの開発を支援します。Salesforceが無料で提供中のウェブ学習プラットフォーム、Trailhead上に新たにiOSアプリケーション開発コースを設定することも計画しているとのことです。

「Salesforceと共に業務を行なえること、さらに同社の業界屈指のCRMがiOSにネイティブ対応し、iPhoneとiPadだけで利用できる新機能を採用してくれるということに、とても感動しています。ビジネスのための最高のハードウェアとソフトウェアであるiPhone、iPad、iOSと、Salesforceのネイティブアプリケーションおよび新しいSalesforce SDKが強力に組み合わさることで、私たちは世界中の事業者に対して素晴らしい顧客体験を提供していけるでしょう」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム·クックは述べています。

Apple→AppleとSalesforce、ビジネスのための最良のデバイスと世界No.1のCRMの連係を強化