iOS 12、正式版でAppleの公式アプリ「ショートカット」をリリース!

「ショートカット」は、新しく導入される「Siriショートカット」機能を実現するアプリで、複数ステップの機能を自動で行ってくっれるアプリです。

現在、この自動化機能は「Workflow」という公式アプリで実現されています。
このアプリは、Appleの自社開発では無く、買収しました。その時点で、Siriショートカットを導入する前提だったと考えられます。

要するに「ショートカット」とSiriを結びつけて、簡単な呼び出しキーワードでアプリが自動的に複数のステップを行ってくれるというものです。

具体的には、特定の人にメッセージを送信したり、好きな音楽を再生したり、Twitterに投稿したり、テキストを自動で読み上げたり、様々な機能が実装できます。

iOS 12の正式版では、「Workflow」アプリが「ショートカット」アプリに置き換わるのではないでしょうか。何しろ「Workflow」と「ショートカット」のインターフェイスと機能がそっくりですから。

「ショートカット」アプリは、開発者に公開されているiOS 12のゴールデンマスターには搭載されていません。別途、beta版がTestflightを通じて開発者に公開されていました。

以下のiOS 12の記事もどうぞ!