Appleの自動運転テストカーが、追突事故に遭う!

カリフォルニア州の陸運局(DMV)が開示した情報によると、8月24日にAppleの自動運転テストカー、レクサスRX450hが、追突事故に遭っていることが分かりました。

8月24日午後2時58分に Kifer Roadから、Lawrence Expressway Southへ合流する準備をしていたAppleのテストカーに日産リーフが追突しました。テストカーは、時速1マイル(約1.6キロ)、日産リーフは15マイル(約24キロ)という低速だったので、怪我人はいませんでした。

現在、AppleのテストカーであるレクサスRX450hは、60台以上あり、それぞれ2人の乗務員が乗車して、自動運転の試験をしています。

(via MacRumors

噂ではAppleが、2023年までに自動運転の電気自動車を販売するとの情報があります。
それに関しては以下の記事をご覧ください。