次期iPad Pro、iPhone SEを強大化したデザインか?

Macお宝鑑定団が、サプライヤーからの話として次期iPad Proのリーク情報を伝えています。

次期iPad Pro (10.5-inch)の筐体サイズが少し小さくなる可能性があります。そのサイズは高さ247.5mm、幅178.7mm、厚み6mmとなり、同じくiPad Pro (12.9-inch)は、高さ280mm、幅215mm、厚み6.4mmのサイズとなるようだとのことです。

全面および背面のエッジ部分にダイヤモンドカット加工がなされ、あたかも、iPhone SEを巨大化したようなデザインになるようです。

頭頂部と背面上部に装備されていたマイクは、次期iPad Proでは頭頂部のマイクが2個になりステレオマイク仕様になります。
また、iPhoneのように3.5mmヘッドフォンジャックがなくなりますが、iPhoneとは異なり、EarPodsが同梱されないため、Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタも同梱されません。

Face IDが搭載されることでTouch IDはなくなります。TrueDepthカメラが上部にあるため 、本体を横にしてのロック解除ができない仕様となっています。そのような使い方の変更により、これまで側面に装備されていたSmart Connectorの位置が、Lightningコネクタに近い背面下側に移動します。

次期iPad Pro用のSmart KeyboardはiPad Proを縦状態にして使用されるよう仕様変更が行われる可能性があるとのことです。