Apple、「平成 30 年 7 月豪雨による被災者向け特別修理サービス」を発表!

 

Appleが、9月末までの期間限定で「平成 30 年 7 月豪雨による被災者向け特別修理サービス」を発表しています。

被災者にとってありがたいですが、修理可能な製品と言うことの制限が気になるところです。

発表内容は以下の通りです。

対象製品:平成 30 年 7 月豪雨により直接的な被害を受けた修理可能な Mac、iPhone、Apple Watch、iPad、iPod、および Apple 製ディスプレイ (アクセサリ類、Beats などは除く)。

対象のお客様:平成 30 年 7 月豪雨による災害にかかる災害救助法の適用市町村にお住まいで、被災された一般消費者のお客様 (なお、Apple 製品をお使いの販売店や業者など、個人消費者以外の方は対象外となります)。災害救助法の適用市町村については、内閣府の防災情報のページをご覧ください。

修理方針:このたびの災害により直接的な被害を受けた故障については、修理が可能な限り対応させていただきます。なお、修理お申し込みの際には、お客様を確認させていただくための証明書のご提示をお願いする場合があります。その他については通常の Apple 修理規定にそって対応いたします。

受付期間:2018 年 9 月末日まで