HomePod OS 12のプライベートベータ版にSiriで電話をかけたり、受けたりする機能が追加

iGenerationによると、Appleの社内で配布されているHomePod OS 12のプライベートベータ版には、Siriで電話をかけたり、受けたりする機能が追加されているとのことです。

これまでは、HomePodで電話を利用しようとすると、ユーザはiPhoneで電話を開始し、相手につながったときにオーディオ出力をHomePodに切り替える必要がありました。

同様に、誰かが電話を鳴らした場合、HomePodは鳴りません。ユーザーは、電話を受信するためにiPhoneを手に取り、オプションでオーディオをHomePodにルーティングする必要がありました。

また、このプライベートベータ版に複数のタイマーを同時に実行する機能も含まれているとのことです。

ほかにもFaceTimeのグループ通話に音声だけだけで参加できるようになっています。

これらの機能が秋のiOS 12とともにリリースされるHomePod OS 12に搭載される保障はありませんが、そうで無くても近い将来には搭載されるに違いありません。

(via 9 to 5 Mac