Apple、Siriを使用してサードパーティアプリをコントロールできるSiriショートカットアプリのベータ版を公開!

Siriショートカットベータ版はTestFlightを通じて公開されており、開発者は、デベロッパーセンターへのログイン後にそれにアクセスできる「リクエスト」オプションを利用できます。

アクセスを要求するためにボタンをクリックした後、Appleはアクセスが許可されているかどうかをメールで直ちに通知すると述べています。

Siriショートカットは、Appleが2017年に購入したワークフローアプリをベースにしています。それはサードパーティのアプリを使ってマルチステップのショートカットを作成し、Siriの音声コマンドを使って起動することができるようになります。

たとえば、Nestアプリを使用して自宅のサーモスタットをオンにしたり、メッセージでルームメイトにメッセージを書き込んだり、マップアプリを開いたり、地図アプリを開いたりするなどのショートカットを作成できます。

(via MacRumors