2019年発売のApple Watchは、触覚フィードバックを使用したサイドボタンを採用か?

Fast Companyによると、Appleは、Apple Watchの2つのボタンを維持しながら、ボタンとデジタルクラウンをデバイスの片側に配置しますが、どちらも以前と同じように物理的にクリックする構造ではありません。

触覚エンジンと呼ぶハプティック効果を使用して、新しいボタンが指先の下でわずかに振動します。 (デジタルクラウンは、コンテンツをナビゲートするために物理的に回転します。)

Fast Companyが説明しているのは、AppleがiPhone 7とiPhone 7 Plus Homeボタンで初めて導入したソリッドステートのボタンデザインで、Appleは、2019年のApple Watchに触覚フィードバックを採用すると予想しています。

また、Appleはデバイスの側面をタッチとスワイプベースのジェスチャーに対応するように設計し、ボタンを無くしたApple Watchも開発しているとのことです。

(via MacRumors