Apple、生産上のボトルネックを早期に解消するため、今年は早期に新型iPhoneの試験生産を開始!

モックアップ by Curved.de

台湾のDigiTimesによると、Appleは、昨年発売のiPhone Xの生産上において、3D​​センサーモジュールの生産の歩留まりが低く、初期生産に苦労しました。

新モデルの売り上げにとって初期の供給量が大切なため、今年のAppleは、新型iPhoneのラインアップにおいて、早期の試験生産を開始し、ボトルネックを早期に発見使用としているとのことです。

Appleは、今年、新型モデルとして5.8インチiPhone Xの後継モデル、新しい6.5インチOLEDディスプレイモデル、6.1インチのLCDモデルを発売するとの噂が有力です。

(via MacRumors