Apple、3Dセンシング技術で他メーカーを2年リード!

 

Reuterによると、台湾のサプライヤーからの情報として、Androidのスマートフォンメーカーが、Appleの3Digitimesセンシング機能に追いつくには、あと2年はかかるとのことです。

パーツメーカーのViavi Solutions Inc、Finisar Corp、Ams AGによると、主要部品のボトルネックは、3Dセンシングの大量採用が来年までは起こらず、中国のHuawei、Xiaomiなどの大手メーカーが、iPhone XのFace IDと同様の機能を搭載するのは、ほぼ2年後になる可能性があるということです。

Androidメーカーは、確AppleのTrueDepthカメラの主要コンポーネントであるVCSEL(垂直共振器面発光レーザ)の確保に苦労していると言われています。

またReuterによると、Appleは当初カリフォルニア州のLumentumからVCSELsを調達していましたたが、昨年の生産のボトルネックでFinisarとの3億9000万ドルの取引を行いました。

オーストリアに本拠を置くAms社も、来年、VCSELチップを普及させることを期待しており、電話メーカー1社と大規模な契約を結んでいるとしています。それは恐らくAppleで当面、3Dセンシングに関わる重要コンポーネントをAppleが独占している状態です。

(via MacRumors

この件については以下の記事もご覧ください。