Kindle日替わりセール、安達正勝 (著)「死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)」299円

本日(2018年2月21日)のKindle日替わりセールは、安達正勝 (著)「死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)」です。

価格は新書756円に対してKindle本が299円です。

以下が内容です。

内容:
敬虔なカトリック教徒であり、国王を崇敬し、王妃を敬愛していたシャルル‐アンリ・サンソン。彼は、代々にわたってパリの死刑執行人を務めたサンソン家四代目の当主であった。そして、サンソンが歴史に名を残すことになったのは、他ならぬその国王と王妃を処刑したことによってだった。本書は、差別と闘いながらも、処刑において人道的配慮を心がけ、死刑の是非を自問しつつ、フランス革命という世界史的激動の時代を生きた男の数奇な生涯を描くものであり、当時の処刑の実際からギロチンの発明まで、驚くべきエピソードの連続は、まさにフランス革命の裏面史といえる。

Last Updated on 2018年2月21日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です