iOS 9のソースコードが流出した経緯

Motherboardが、iOS 9のソースコードが流出した経緯を匿名の情報源からの話として伝えています。

この漏洩したコードはもともと下位のApple従業員から、外部の人間にもたらされたものです。

従業員はコードを悪意のある目的で盗んだのではなく、脱獄コミュニティの友人から進められて、iOSの起動部分に関わるコアコンポーネントである「iBoot」のソースコードと、まだ広く流出していない別のコードを手に入れ、2016年にそのソースコードを5人の小さなグループと共有しました。

その従業員は、ソースコードに加えて、あらゆる種類のAppleの内部ツールやその他のものをグループに提供しました。

5人のグループの一人は、「私は個人的には、そのコードが日の目を見ることを望んでいませんでした。その後に起こる法的な措置の恐れからです。Appleの内部コミュニティは本当に好奇心の強い子供たちと十代の若者たちでいっぱいです。仮にそれらの人たちがコードを手に入れたら、GitHubに掲載されることは分かっていました」

しかし、結果的にコードはグループ外に流出しました。このコードは2017年に広がり、昨年末に非常に注目されるようになったとのことです。最終的にはGitHubで公開され、Appleの知るところとなりました。

現在、GitHubに掲載されたソースコードは、Appleの要求により削除されています。

(via MacRumors

以下がAppleが、ソースコードを本物と認めたことに関する記事です。