iMac Pro、8コア、10コア、18コアのベンチマーク比較

 

Jonathan Morrison氏が、YouTubeでiMac Pro、8コア、10コア、18コアのベンチマーク比較の結果を公開しています。

GeekBench 4を使用してのベンチマークスコアは、マルチコアでの差は、コア数の差が歴然と出ています。

18コアのスコアは48,831、10コアは37,063、8コアは31,161という圧倒的な差が出ています。シングルコアでは、8コアが少し低いですが10コアと18コアは同じです。

また、Final Cut Pro Xを使用して、3分間の8K Red Rawを4K Pro Resへエクスポートする時間のテストでは、18コアでは5分51秒、10コアでは6分34秒、8コアは7分22秒です。

iMac Proでコア数の差を体感できるユーザーは、やはり動画編集など、非常に思い作業を多くするユーザーで、ほぼ一般ユーザーでは、18コアは必要ないと考えられます。

なお、SSDの読み書きの速度は、3モデルともほぼ同じでした。

(via 9 to 5 Mac