著名アナリスト、AppleがiPhone SE 2を2018年第2四半期に発売することに疑問を呈す!

アジアのAppleサプライチェーンの情報に詳しい、KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏が、AppleがiPhone SE 2を第2四半期(4-6月)に発売することに疑問を呈しています。

Appleは、2018年の後半に3種類の新iPhoneを発売する見込みです。また、Appleの開発スケジュールによると2019年発売の第3世代のiPhone Xの開発を手がけています。

Appleは、昨年、開発の遅れによりiPhone Xの発売を例年の9月末から11月初旬に送らせました。

このようなことから、Appleは限られた開発リソースを分散させたくないと考える可能性が大きいと言えます。

従って、iPhone SEは、仮に新バージョンが発売されてもCPUやストレージのアップグレードに終わる可能性もあります。

(via MacRumors

これまでは以下のような噂があります。