Microsoft、「Office for Mac」をバージョン16にメジャーアップデート!リアルタイムの共同編集機能搭載ほか

Microsoftが、Office for Macをバージョン16にアップデートし、Word、Excel、PowerPoint、Outlookに新機能を導入しました。

Word、Excel、PowerPointでは、Microsoftはリアルタイムの共同編集を導入して、複数の人が同じ文書で同時に作業できるようになりました。

特にWordとPowerPointでは、フラグアイコンを使用して、他の人が何をしているのか、何が変更されているのかを知ることができます。

クラウドに保存されているドキュメント、ワークシート、プレゼンテーションの変更は自動的に保存され、更新は数秒で同期されます。バージョン履歴を使用すると、必要に応じて以前のバージョンのドキュメントにロールバックすることができます。

サイトやグループへのクイックアクセス機能も導入され、プレゼンテーション、ドキュメント、およびワークシートは、頻繁に使用されるサイトやグループの「開く」ニューに保存されています。

共同編集機能に加えて、Excelでは、新しいグラフタイプ、追加機能、ピボットテーブルのサポートの強化、値の変更時の高速な式更新のためのマルチスレッド計算が追加されています。

PowerPointにはクイックスターター機能が備わっており、トーク・ポイントとデザインで完全なアウトラインを作成できます。

新しいトリム・メディア・ツールでは、オーディオやビデオクリップをすばやく編集できます。マウスは、スライドの内容を強調表示するためのスライドショーのレーザーポインターとしても使用できるようになりました。

Outlookは、タッチパッド上でスワイプして電子メールをアーカイブまたは削除し、Googleカレンダーと連絡先のサポートが追加されています。

これらの機能の変更に加えて、Office 2016 for Macのバージョン16には、Office、PowerPoint、およびExcelの基礎となるコードのオーバーホールが含まれています。

記事公開時点では、日本語版におけるバージョン16への自動アップデートは、まだ提供されていません。

Microsoft → Release notes for Office 2016 for Mac