2019年発売のiPhoneは、顔認識カメラとフロントカメラモジュールが統合され、ノッチ(くぼみ)部分が小さくなる!?

韓国のETNewsの新しいレポートによると、2019年以降はiPhoneのノッチが小さくなる可能性があるということです。

Appleは、TrueDepthセンサーのサイズを小型化できるため、顔認識カメラと通常カメラのモジュールを組み合わせることを健闘しているとのことです。

Appleは2019年モデルから顔検出機能を強化する予定で、そのため、iPhoneに使用される部品の点数を増やため、顔認識モジュールとカメラモジュールの組み合わせが検討されています。しかし、今のところ、どの部分が組み合わされるのかは、明らかになっていません。

iPhone Xのノッチ部分については、様々な後論があり、醜いという意見も多く聞かれます。
それが、2019年モデルでは小さくなるか、ひょっとすると無くなるかも知れません。

少なくともiPad Proでは、Face IDが搭載されてもノッチ部分はできないでしょう。

(via MacRumors