「MacBook Air」の発表から10年!これからAirはどこへ行く?

10年前の2008年1月15日(米時間)の「Macworld 2008」で初代MacBook Airが発表されました。

発表したのはスティーブ・ジョブス氏で、壇上で手に持っていた茶封筒から、これまでのノートPCとは全く異なるデザイン、軽量薄型、アルミボディのMacBook Airを取り出し聴衆を驚かせました。

それから10年が経過しましたが、ここ数年はめぼしいアップデートはなく、その存在感が薄れてきています。(via 9 to 5 Mac

MacBook Airに代わる存在として、Retinaディスプレイで軽量の12インチMacBookが発売され、13インチ通常ディスプレイのMacBook Airは、単なる低価格モデルになっています。

個人的な意見ですが、12インチMacBookはARMプロセッサで超軽量で長時間動作するモデルとなり、MacBook Airは、Retinaディスプレイを搭載し12インチMacBookとMacBook Proの中間のモデルとなって欲しい気がします。

そうでなければ、当分の間は、特徴の無い低価格の入門モデル的な位置づけが続くかもしれません。