Apple、iOS 11から、iOS 10.2までの古いバージョンにダウングレード可能状態を放置!?

アップデート:iOS 10.2へのダウングレードAppleのによって署名発行が止められ、不可となっています。

Appleは、これまでiOSの新バージョンが出ると旧バージョンへのダウングレードを禁止するため、Appleのサーバーで署名発行(サイニング)を停止していました。

Appleはすでに、2017年11月5日に「 iOS 10.3.3」と 「iOS 11.0」の署名発行(サイニング)を停止し、ダウングレードを不可にしていました。

しかし、現在、Appleのサーバーは、iOS 10.2までの古いバージョンにダウングレード可能状態となっていると9 to 5 Macが報じています。

iOS 10.2というと、例のバッテリーの劣化に関して、動作速度を落とすプログラムが組み込まれていないバージョンです。AひょっとしてAppleはダウングレード可能にすることで、一時的にユーザーの不満を和らげようとしているのでしょうか?

それとも、署名発行サーバーのバグなのでしょうか?

もしもダウングレードしたい方は、IPSW Downloadsというサイトで、古いバージョンのiOSを入手し、iTunesにiPhoneを接続し、復元・インストールする方法があります。

(via 9 to 5 Mac