Jimmy Iovine(ジミー・アイオヴィン)がApple退職を否定

先日、Apple Musicの立役者、Jimmy Iovine氏が8月にAppleを退職するとBillboardが報じましたが、誤報だったようです。

Iovine氏自身がVarietyに、自分はAppleを退社しないと語り、Billboardの報道を否定しました。

噂の発端は、Jimmy Iovine氏が、Dr.Dre氏とともにBeatsをAppleに買収した際に取得したAppleの株式の価値が8月に確定することでした。

現在のIovine氏は、iTunesのチーフEddy CueとAppleのCEO、Tim CookがApple Musicを引き続き成長させられるよう支援することに全力で取り組んでいるとのことです。

Iovine氏は、Apple Musicをもっと面白いものにするには、Netflixのようにオリジナルコンテンツを持つ必要があると述べます。

最近のApple Musicは、 “Playet of the Apps”や “Carpool Karaoke:The Series”のような独占的な音楽関連のドキュメンタリーやテレビ番組など、オリジナル。コンテンツに重点を置いていて、新しいテレビ番組もオーダーしているとのことです。

(via MacRumors

以前の噂の記事で、目を惹いたのははIovine氏が、ストリーミング・ミュージックが儲かる商売ではないと考えていたことです。

https://ipadmod.net/2017/11/30/apple-music%e3%81%ae%e8%b2%ac%e4%bb%bb%e8%80%85-jimmy-iovine%e6%b0%8f%e3%81%8c%e3%80%8c%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e3%81%af%e5%84%b2%e3%81%8b/

Last Updated on 2018年1月10日 by Editor

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です