Intel、CPUの脆弱性を原因とした「Spectre」および「Meltdown」の攻撃に対するファームウェアとソフトウェアパッチを公開!

Intelは本日、CPUの脆弱性を原因とした「Spectre」および「Meltdown」の両方の攻撃に対して、IntelベースのコンピュータシステムをCPUに向けてファームウェアのアップデートとソフトウェアパッチを発表しました。

Intelは、パーソナルコンピュータやサーバーを含むすべてのタイプのインテルベースのコンピュータシステムのアップデートを開発し、迅速に発行しており、これらのシステムは、Google Project Zeroによって報告された「Spectre」および「Meltdown」の攻撃に対応しています。

Intelは、過去5年間で導入されたIntelプロセッサー製品の大部分について最新版が発行され、来週末までに過去5年間の90%以上のプロセッサー製品にパッチが適用されるとしています。

Macユーザーに対しては、AppleはすでにmacOS High Sierra 10.13.2アップデートで脆弱性に対処しており、更なるアップデートはmacOS High Sierra 10.13.3で行われる予定です。

(via MacRumors