2018年の新モデル「iPhone X Plus」は6.4インチのOLEDディスプレイを搭載!?

コリアヘラルドの姉妹誌「The Investor」によると、Samsungは、今年、5,000万ユニットのフレキシブルOLEDディスプレイを出荷してますが、来年は1億8,000万〜2億ユニットの出荷を予想しているとのことです。

この増産の一部が、6.4インチの「iPhone X Plus」という大型モデルに使用される見込みです。このモデルのサイズはiPhone 8 Plusにサイズが近いとのことです。

現行のiPhone Xの後継は、同じく5.8インチのOLEDディスプレイを搭載するとみられています。さらにもう一つのモデルは、6.1インチのLCDを搭載しミッドレンジのモデルとなります。

SamsungはOLEDディスプレイ生産の歩留まりを当初の約60%から90%まで上げており、来年の増産には十分対応できる見込みです。

ただし、AppleはLGディスプレイによるOLEDディスプレイ生産を見込んでいるため、2社体制での供給になる可能性があります。

(via MacRumors