YouTube、2018年3月に音楽サブスクリプションサービス「Remix」を開始

Bloombergによると、YouTubeが有料音楽サービスを2018年3月に開始する準備進めており、Appleのストリーミングサービスの大きなライバルとなると述べています。

YouTubeは、すでにWarner Music Groupと契約を交わしており、Sony Music Entertainment、Universal Music Group、Merlinという独立系レーベルと話し合っているとのことです。

このサービスにより、YouTubeはSpotifyやApple Musicとの競争力を高めることができ、ミュージックビデオからより多くの収益を得ようとしている音楽レーベルにより多くの収益をもたらす可能性があります。

YouTubeは新しいサービスを「Remix」と呼んでおり、Spotify形式のオンデマンドストリーミングと、ビデオクリップのようなYouTube専用の要素が含まれていると言われています。

Bloombergによると、YouTubeは2018年3月のサービス開始のためにはいくつかのハードルを克服する必要があるとのことで、ユニバーサルとソニーとの交渉に1年以上を費やしているとのことです。

(via MacRumors

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。