Apple、2018年発売の次期iPhoneにメタルバックの6.1インチLCDのローコストモデルを導入

Nikkei Asian Reviewによると、Appleは、2つのOLEDモデルと、iPhone 7とiPhone 7 Plusのようなメタルバックの1種類のLCDモデルを含む、2018年に3種類のiPhoneをリリースするとのことです。

LCDモデルは6.1インチのディスプレイを搭載し、残りの2つのOLEDモデルは5.8インチ、6.2インチまたは6.3インチのいずれか搭載する見込みです。

メタルバック付きのLCDモデルは、既存のアルミ製のiPhoneと同じように多色をリリースできます。また、筐体はPegatronの子会社であるCasetekが製造することができます。

ただし、メタルバックにするとことは、ワイヤレス充電器の搭載はなくディスプレイは、LCDですから、ローコストモデルであることが予想されます。

(via MacRumors

Apple製品の予測で有名なKGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏は、11月に似たような予測しています。

現行のiPhone X(5.8インチOLED、458PPI)は第2世代の後継機種が発売されます。
それに加えて新たに6.5インチOLEDディスプレイ(320〜330 PPI)を搭載した大型モデルが投入されます。

しかし、OLEDディスプレイのモデルは高価になるので、ローエンド&ミッドレンジ市場をターゲットとした新しい6.1インチのTFT-LCDモデル(320〜330 PPI)も発売され、今年とは異なった3モデル構成になる見込みです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。