Apple、「Apple Pay Cash」の一般利用開始を公式にアナウンス!

Appleは、iOS 11.2で正式に個人間送金の「Apple Pay Cash」のサービスを米国内で提供を開始したと12月5日にアナウンスしています。

Apple Payを使ってお金を個人間で送受信するために、新しいアプリをインストールするとか、新しいアカウントを作成する必要はありません。

メッセージアプリを利用して、ユーザーが支払いを受けると、受け取ったお金はウォレットアプリにある新しいApple Pay Cashカードに追加されます。

そのお金で、店やアプリ、ウェブ上で誰かに支払うか、Apple Payを使って購入することができます。また、Apple Pay Cashから銀行口座に振り込むこともできます。

Apple Pay Cashで行われた個人対個人の支払いと購入は、iPhone XのFace ID、他のiPhoneとiPadのモデルのTouch ID、またはApple Watchのセキュアなパスコードで認証されます。

Apple → Apple Pay Cash and person to person payments now available

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。