Quanta Computerの副会長が、ある企業が(Apple?)2019年を目指してARヘッドセットを開発中だと発言

Google Glass

Quanta Computerの副会長、C.C.Leung氏が企業名は公開せず、AR(拡張現時)に関係する製品を開発していると述べました。

これについてはNikkei Asian Reviewによると、同副会長は「ユーザを取り巻く環境と相互作用することを可能にする透明なレンズを備えたヘッドセットのようなガジェット」と述べました。

また副会長は「2019年までに、このようなデバイスが市場に出回わる」と同社の業績に関する会議の後、記者団に語りました。

Leung副会長は、ARデバイスが1,000ドル以下(約113,000円)の価格であれば市場にヒットする可能性が高いと指摘ました。

この件については、すでにBloombergが、AppleがARヘッドセットを2020年に発売することを目指していると報道してているので、Quanta Computerの副会長、C.C.Leung氏が述べたARヘッドセットを開発している企業はAppleの可能性が高いと言えます。

また、Bloombergは、ヘッドセットのiOSに基づくカスタムオペレーティングシステムは、「リアリティ・オペレーティングシステム」という意味で「rOS」と呼ばれていっることを明らかにしています。

(via MacRumors