Apple、2018年の次期iPhoneは、5.8インチOLED、6.5インチOLED、6.1インチLCDの3モデル構成!

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏が、2018年に発売されるiPhoneについて予測したレポートを投資家向けに発行しています。

それによると、現行のiPhone X(5.8インチOLED、458PPI)は第2世代の後継機種が発売されます。
それに加えて新たに6.5インチOLEDディスプレイ(320〜330 PPI)を搭載した大型モデルが投入されます。

しかし、OLEDディスプレイのモデルは高価になるので、ローエンド&ミッドレンジ市場をターゲットとした新しい6.1インチのTFT-LCDモデル(320〜330 PPI)も発売され、今年とは異なった3モデル構成になる見込みです。

このモデルは、今年のiPhone Xの価格が999ドルからだったのに対して、649ドルから749ドルの最低価格になると予測しています。

この3モデルには、Face ID、Animoji、PortraitモードなどのTrueDepth Cameraの機能が搭載される見込みです。

(via 9 to 5 Mac