iPhone Xの需要は強く、iPhone 8 Plusは予想以上の販売台数

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏がトを投資家向けに新しいレポートを提出しています。

Kuo氏は、休暇期間中にiPhone Xの生産台数が2,500万〜2,700万台に達し、2,200万〜2,400万台を売り上げると予想しています。

Kuo氏は、2018年の第1四半期に向けて、生産は35-45%増加すると予想しています。iPhoneのXの強い需要が以下の2つのことにより、2018年まで続くことを見ている。

一つはユーザーがiPhone Xを実際に手に取るとホームボタンが削除されたという懸念が払拭されると言うことです。もう一つは、中華圏の旧正月における需要が増加すると言うことです。

また、Kuo氏はiPhone 8 Plusの販売が予想を上回っていると述べています。しかし、FoxconnはそのiPhone 8 Plusの生産ラインについて、12月にはiPhone Xに振り向ける予定です。

Appleは、このホリデーシーンズにおけるiPhone Xの販売を期待しています。

(via 9 to 5 Mac