iPhone Xのディスプレイには、「緑色」のサブピクセルが小さい特殊な「ペンタイル配列」を採用!?

以前、iMoreのRene Ritchie‏氏は、iPhone Xには、サブピクセルには「ダイアモンド配列」を採用し、OLEDディスプレイには新技術を導入すると述べていました。

iPhone Xのディスプレイを生産したSamsungが自社ブランドとして発売している「Samsung Galaxy S8」では昔のGalaxyに採用していた「ダイアモンドペンタイル配列」ではなく、「ダイアモンド配列」(上画像)が採用されました。

それはダイアモンド状の配列は変わりませんが、「R」(赤)のサブピクセルだけが大きく、「G」(緑)と「B」(青)が小さくなっています。(下画像))よく見ると若干「G」(緑)よりも「B」(青)が大きく見えます。

「B」(青)が少ないのは焼き付きをを防止知るたですが、開発者のSteve Troughton-Smith氏が公開した画像(下画像)では、「G」(緑)の文字ののみが詳細に見えるため、「R」(赤)と「B」(青)のピクセルが大きく、「G」(緑)のみが、小さい「ペンタイル配列」を採用しているようです。

それは「Samsung Galaxy S8」とは異なり、「G」(緑)のみが小さく「R」(赤)と「B」(青)が大きい「ダイアモンドペン配列」なのかもしれません。

従ってiPhone XのOLEDディスプレイは、鮮やかさを重視して「B」(青)のサブピクセルが大きいため、焼き付きが起こりやすいのかもしれません。