Apple、ARヘッドセットを2020年のリリースに向けて開発中

Appleの情報に詳しいBloombergの記者、Mark Gurman氏によると、Appleは新しいチップとオペレーティングシステムで動作するAR(拡張現実)ヘッドセットの開発を進めているとのことです。

Appleは、2019年までにヘッドセットをほぼ完成させ、2020年には製品を出荷することを目指していると言います。しかし、開発のタイムラインは非常にタイトであり、変更される可能性があります。

ヘッドセットのiOSに基づくカスタムオペレーティングシステムは、「リアリティ・オペレーティングシステム」という意味で「rOS」と呼ばれています。

iOSがiPhoneを動作させているように「rOS」がAppleのARヘッドセットを動作させます。
Appleは、ユーザーがヘッドセットを制御してアプリを起動する方法を確定していませんが、プロトタイプを作成する際にタッチスクリーン、Siri音声アクティベーション、ヘッドジェスチャーを検討していると言われています。

ソフトウェア・エンジニアはマッピングやテキスト化から仮想会議や360度ビデオ再生などの高度な機能まで、さまざまなアプリケーションを試作しています。

同社はiPhone、Watch、Apple TV、Macのように、ユーザーがコンテンツをダウンロードできるヘッドセット向けのApp Storeを考えています。

Appleのソフトウェアエンジニアは、試作の過程でHTC ViveヘッドセットやiPhoneなどをディスプレイとして使用するOculus Gear VRヘッドセットなどをテストで使用しています。

ARヘッドセットは、Appleのソフトウェアエンジニアチームが、クパチーノとサニーベールの “T288″というコードネームの組織の下で開発が進められているハードウェアおよびソフトウェアプロジェクトの1つです。

ARKitチームが協力して、iPhoneやiPad用のARアプリケーションを開発するためのツールをARヘッドセット開発チームに提供しています。

Gurman氏は、これまでAppleがApple Watchと同様にワイヤレスでiPhoneに接続し「画像やその他の情報」を着用するユーザーに表示するウェアラブル・グラスを検討している報告していました。

(via MacRumors