緊急時にiPhone Xのバッテリー消費を最低限に抑える方法?

iPhone XのOLEDディスプレイは、黒色の表示には電力を使用しないため(特にモバイル用の)ディスプレイは省電力だと言われています。

そこを利用して、緊急時には低電力モードと組み合わせて使用すれば、少しでもバッテリーが長持ちするのではないでしょうか?

まず、上のように「設定」−>「バッテリー」で「低電力モード」をオンにします。

次に「設定」−>「一般」−>「アクセシビリティ」−>「ディスプレイの調整」−>「色の反転」で「反転(スマート)」をオンにします。

そして、前画面の「ディスプレイの調整」に戻り「カラーフィルター」をタップします。そこで「カラーフィルター」をオンにして「グレースケール」を選択します。

次に「コントロールセンター」または「設定」の「画面表示と明るさ」からディスプレイの輝度を下げます。

以上です。

どの程度効果があるかは分かりませんが、どうしてもバッテリーを抑えたい方は試してみる価値があるのではないかと思います。