Appleはi、Phoneやカメラの利用中に悪用されないためにLEDなどのサインを点灯すべき!?

私たちが、カメラを使用するサードパーティアプリを起動した際にカメラを使用するアプリであれば、アクセスへの許可を求められます。

これはカメラを不正に使用されないための確認手段ですが、もしも悪意のアプリが通常のアプリに偽装していた場合は、アプリがフォアグラウンドで利用されている間は、カメラは悪意のあるユーザーに利用されて、盗撮される可能性があります。

これについてGoogleのエンジニアはデモアプリケーションを作成して、悪質なアプリがアプリを使用する際に秘密にユーザーを撮影したり、フロントカメラやリアカメラで動画をライブストリーミングする権限を悪用する可能性を検証しています。

これを防ぐには、一つの方法とすてMacののようにカメラ利用中は、カメラの横にLEDを点灯させるようなやり方や、シャッター音や録画音を実装する方法でユーザーが自らが意図せぬ撮影を認識できるようにする必要があります。

現在、録音している場合はバックグランドでもできるので、画面の上部に赤いバーが表示されるようになっているので、このような表示が必要になるのかもしれません。

(via 9 to 5 Mac

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。