「Apple TV 4K」と「Apple TV(第4世代)」の外観やスペックの違い

Apple TV 4Kが、9月22日に発売されました。

そこで9 to 5 Macが、パッケージを取り寄せて開封しApple TV(第4世代)と比較しています。

上画像の左がApple TV 4K、右がApple TV(第4世代)です。微妙にフォントが変わっています。

Apple TV 4Kの底部には、排気口が設けられています。CPUが、Apple TV(第4世代)の「A8」から「A10 Fison」になっていることと、内部の温度が上昇する理由はよく分かりませんが、排気が必要なほどクロック周波数を上げているのかもしれません。

Apple TV 4Kでは、メインテナンスを行うサービスポート(USB-C)が削除されています。

コントローラーであるSiri Remoteの変化は、メニューボタンの形状です。Apple TV(第4世代)のボタン式のメニューボタンは、Apple TV 4Kでは、白い円で囲まれたタッチ式に変わっています。そのため突起がなくなり、上部のタッチ部分と同じ平面になっています。

値段も新しいSiri Remoteは、8,400円(税別)から6,800 円(税別)へと値下げされています。

Apple TV 4Kは、MIMOの802.11ac Wi-Fi(Apple TVの最速接続)を搭載し、デュアルバンド(2.4GHzと5GHz)を同時にサポートします。上の画像のベンチマークで見ると、ダウンロード・アップロードともApple TV 4K(上画像)の方が圧倒的な速度です。

Apple TV 4Kの10 / 100BASE-T Ethernetも、Apple TV 4KではGigabit Ethernetにアップグレードされています。

ほかにも、Bluetooth 4.0からBluetooth 5.0への移行、HDMI 1.4からHDMI 2.0への移行が行われ、HDR10 / Dolby Visionサポートしています。HDMIのバージョンの変更により、HDMIも対応ケーブルが必要です。

Apple TV 4Kのウリは、もちろん4Kの映画などに対応していることですが、ダウンロードはできず、ストリーミングのみでの視聴が可能です。これは4K動画をダウンロードすれば、すぐにストレージを食いつぶしてしまうからだと予想されます。

このようにApple TV(第4世代)は、Apple TV(第4世代)と比べると外観上な変化はあまりありませんが、スペック的には、かなり向上しているので、購入する価値はあると思います。

 

 

Last Updated on 2017年9月24日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。