iPhone 8用の3Dセンシングコンポーネント・サプライヤー「Lumentum」がAppleより大量発注を受ける

LoupVenturesのアナリスト、Gene Munster氏によると、AppleのサプライヤーであるLumentumへの3Dセンシングレーザーコンポーネント(VCSEL)の受注が大幅に増加していると述べています。

また同社はVCSELレーザーの容量を25%〜30%増加させ性能アップを図っているとのことです。

3DセンシングレーザーコンポーネントおいてLumentumの第2四半期(4-6月)の売上高は、500万ドル(5億5,000万円)でしたが、第3四半期(7-9月)の売上げは、その受注状況から2億ドル(約220億円)になると予測しています。

このことから同氏は、Lumentumからの情報に基づいて、3D検知カメラ技術を搭載したiPhone 8を今年銃に約5500万台、来年約1億6,000万台の生産を予測しています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2017年8月10日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。