Appleはバックグラウンド動作する「Service Worker」を「WebKit」に統合し、「Safari」で次世代Webアプリケーションをサポート!

Appleは今週、Safariにバックグラウンドスクリプトを実行させるAPIである「Service Worker」をWebKitに統合する作業を開始し、iOSで次世代のWebアプリケーションの一種をサポートする可能性を示しています。

Appleは今週、「WebKit Feature Status」の Webページのアップデートし技術に関する作業を明らかにしました。「Service Worker」を「開発中」として示しています。

従来のiOSアプリとは異なり、「Service Worker」やその他の関連APIを搭載したWebアプリケーションはダウンロードを必要としません。

理論的には、モバイルユーザー経験を向上させる目的とした、WEBページ/WEBアプリケーションとネイティブアプリの利点をいいとこ取りできる仕組みである(Googleが開発した)PWA(Progressive Web Apps)を使用すると、ブラウザベースのアプリをネイティブソフトウェアと効果的に競合させることができます。

ユーザーは、ブラウザを使用してサポートされているWebサイトにアクセスするだけで、モバイルOSのホーム画面に簡単にアクセスできるリンクを追加することができます。ブラウザベースのアプリケーションはプッシュ通知もサポートしています。

「Service Worker」は、キャッシュされたコンテンツを取得することにより、ネットワーク接続なしでPWAを動作させることができます。 APIはまた、検索エンジンの発見可能性を向上させます。

(via AppleInsider

 

 

 

Last Updated on 2017年8月5日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。