App Storeに開発者向けの新通知機能、サブスクリプション継続促進や新サービスのプロモートが可能に!

Appleが、開発者向けにApp Storeのサーバーの通知が強化されたことをデベロッパーサイトで発表しました。

開発者は、iTunes ConnectでサブスクリプションステータスURLを設定することで、自動更新可能なサブスクリプションのキーイベントについて、App Storeのサーバー通知を受信できるようになりました。

これによりアプリ開発者はユーザーに対して以下のようなことができるようになります。

・サブスクリプション自動更新ステータス:
顧客のサブスクリプションが現在のサブスクリプション期間の終了時に更新されるかどうかを示します。現在のサブスクリプションが失効する前に、顧客が別のサービスに加入するよう促すために使用します。

・サブスクリプション・オートレビュー・プリファレンス:
次の更新のプロダクトID。現在の購読期間が終了する前に、これを使用して別のサービスレベルをプロモートします。

・サブスクリプション価格の同意ステータス:
顧客が価格の引き上げに同意したかどうかを示します。これを使用して、価格の上昇後に顧客の同意を得て最新の状態にします。

・サブスクリプション・リトライ・フラグ:
App Storeがトランザクションを完了できなかったために顧客のサブスクリプションが更新されない場合、App Storeが引き続きサブスクリプションを更新しようとしているかどうかを反映します。

・サブスクリプション期限切れの意図:
顧客がサブスクリプションをキャンセルした、または価格の引き上げに同意しなかったなど、サブスクリプションの有効期限切れの意図を示します。
これを使用して、顧客が再購読するための適切なメッセージをアプリに表示するかどうかを決定します。

・キャンセルの理由:Appleのカスタマーサポートによってサブスクリプションがキャンセルされたの場合、アプリの問題またはその他の認識された問題のためなのか、または別の理由で顧客が取引をキャンセルしたかどうかを示します。

Apple Developer → Server notifications and enhanced receipts for subscriptions