Samsung、2018年発売のiPhoneに搭載される「A12」チップを受注か?

今年発売されるiPhone 8などに搭載される「A11」チップのサプライヤーは、台湾のTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Company)で、iPhone 7の「A10」からiPhone用CPUチップの独占受注をしています。

The Korea Heraldのレポートによると、SamsungとAppleが2018年発売のiPhoneに搭載される「A12」チップの供給について契約を行ったとのことです。

AppleとSamsungの関係は、それまでにスマートフォンのデザインに関する訴訟があったり、「Aシリーズ」チップの開発情報がライバルのスマートフォン、Galaxyを発売するSamsungに流れることを嫌って、AppleはSamsungの1社体制からSamsungとTSMCの2社体制、そして昨年からはTSMCの独占供給体制へと移行してきました。

しかし、SamsungはiPhone 8のOLEDディスプレイを独占的に供給するという強い立場を生かして、先月、Samsungのクォン・オヒョンCEOがクパチーノ本社を訪れ、iPhone用チップの供給についての交渉を行いました。

その結果、SamsungがiPhone用チップのために7ナノメートルチップ製造専用の設備を導入するという決定により、Appleは再びSamsungをチップサプライヤーとする契約を締結したとのことです。

Appleが、これまでiPhone用チップを供給してきたTSMCを切り捨てて、Samsung1社に完全に依存するとは考えにくく、TSMCと2社体制になる可能性が大きいと言えます。

(via MacRumors