iPhone 8の出荷は量産の遅れにより11月〜12月になる可能性(台湾の情報筋)

台湾の経済日報によると、OLEDディスプレイ搭載の次世代iPhoneの出荷は生産の遅えwにより11月〜12月になるということです。(via Digitimes

iPhoneをAppleから受託生産するFoxconnとPegatronの生産量は、生産歩留まりが低く、大量生産を行える水準には達していないとことです。

FoxconnはOLEDモデル(iPhone 8)の約95%を受注し、iPhone 7 / 7 Plusの後継となる4.7インチおよび5.5インチモデルの受注については少量だということです。受注量第2位のPegatronは4.7インチのiPhone 7sの65%とOLEDモデル(iPhone 8)の一部を受注生産します。

Wistronは主に5.5インチモデルを生産すると経済日報は伝えています。
FoxconnとPegatronの4.7インチと5.5インチモデルの量産は、今年8月に正式に開始される予定で、例年よりも1〜2ヶ月遅れているとのことです。

経済日報もそれを伝えるDigitimesもiPhone 8の量産スケジュールについての言及はないため、出荷予定が11月〜12月だとすると量産開始は9月末か、遅ければ10月になる可能性があります。