フランスのアーティストが写真の代わりにCGIの自画像で国民IDカードを申請し政府を欺く

フラン人のアイーティスト、Raphael Fabre氏が、写真の代わりにCGIの自画像で国民IDカードを申請し、無事IDカードを受け取ったとしてFacebookに自身IDカードの写真を公開しています。

彼のFacebookには、4月に申請した公式のフランス国民のIDカードではコンピュータモデリングスキルを使ったと述べています。

画像は100%人工的で、通常映画やビデオゲームに使用される特殊効果ソフトウェアで作られていると彼は言っています。

彼のCGI画像は、フレーミング、ライティング、サイズが政府が発行するIDカードのガイドラインに沿っていると述べています。

この話が本当であれば、今後Raphael Fabre氏は政府の関係機関に呼び出される可能性があります。

(via Mashable