WWDC 2017、iOS 11を発表!iPad Proでドラッグ&ドロップをサポート

Siriを強化、場所や使用しているアプリなども考慮してアシスタントを行います。iMessageでApple Payの個人間の送金が可能になっています。

また、あiPad Proではドラッグ&ドロップをサポートし、タスク切り替え画面はmacOSのようにウィンドウが並んだデザインになっています。

写真は、HEIF、HEVCコーデック対応して2倍も圧縮することができるようになりました。

ロック画面でのコントロールセンターや通知センターの改良が行われています。ロック画面でスクロールすると通知一覧を見ることができます。

ライブフォトの中から、好きなショットを取り出すことができます。途中でライブフォトを好きなところで止めてキャプチャできます。

ナビゲーションシステムも導入し、運転中に警告もしてくれます。屋内マップも強化されています。ドライビングモードで運転中に電話がかかってくると、相手に運転中というメッセージを自動で送る機能もあります。

HomeKitの対応機器が増えます。またAirPlay 2で外部のオーディをコントロールできます。複数のデバイスへの送信が可能です。多くのサードパーティーが対応します。

注目は iOS新アプリの「Files」が紹介されました。ファイル管理アプリです。iCloud、Box、Dropboxなどのクラウドストレージを管理することが可能です。徐々にiOSはmacOSOSの方へ向かっています。


ほかにはApp StoreのUIが大幅に改良されます。