Appleのヒューマンリソース担当バイスプレジデント、デニス・ヤング・スミス氏の担当が変わり、多様性とインクルージョン担当に

Appleのヒューマンリソース担当バイスプレジデント、デニス・ヤング・スミス(Denise Young Smith)氏のLinkedInのページのプロフィールが、「Vice President for Inclusion and Diversity」に変わっています。

今のところ、Appleのリーダーシップのページでのプロフィールは、「Vice president of Worldwide Human Resources」と記載は変更になっていませんが、まもなく修正されると見られます

同氏は。1997年にAppleに入社し、一貫して人事部門を歩いて来ました。同氏の役割は、Luca Maestri氏が一時的に担当するとのことです。
ティム・クックCEOは多様性やインクルージョンについて重視しており、今回の担当変更はその方針によるものと思われます。

(via MacRumors