iPhone 8にLGイノテック製の「顔認識が可能な3Dカメラ」が搭載されるとの情報

台湾の経済日報(via INVESTOR)によると、韓国のサプライチェーンからの情報によると、iPhone 8に顔認識が可能な3Dカメラモジュールが含まれるとのことです。

モジュールはLGイノテック製で、iPhone 7 Plusのデュアルカメラモジュールは、2000億ウォン(約2,500億円)の初期注文を受けていると言います。

4月27日に発表されたLGイノテックの新規設備投資額は、2697億ウォンと大規模で、この設備でAppleからのオーダーに対応する予定です。

KGIによると、iPhone 8のカメラに導入される新技術は、顔認識、虹彩認識、3D認識が可能です。この技術には2013年にAppleが買収した企業、PrimeSenseによって開発されたアルゴリズムが使用される予定です。

また、赤外線カメラと共にレーザーセンサーも搭載され、ジェスチャー認識と顔の識別の両方が可能だとの噂もあります。

(via 9 to 5 Mac