スティーブ・ジョブズの後半生を描くオペラが、7月のサンタフェでのプレミア公演後、カリフォルニアやワシントンで上演

スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏の後半生を描くオペラが、サンフランシスコとシアトルのオペラ企業の財政的支援を受けて製作されます。7月のサンタフェ(Sante Fe)でのプレミア公演後、カリフォルニアやワシントンで上演されるとのことです。(via CBS SF Local

オペラは、テクノロジーではなく、ジョブズ氏の人生、家族、仕事の複雑な優先事項に取り組んでいる人間の脆弱性に関するオペラであり、彼は非常に難しい人として描かれる可能性があるとのことです。

音楽は、DJのMason Batesと Mark Campbellによって作曲されるとのことです。

(via MacRumors

ジョブズ氏は、生前から気難しい人間として知られており、どのように描かれるのか興味があります。(M林檎)

Last Updated on 2017年10月1日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です