初代iPhoneの公式ページを現在でも見ることができるアーカイブサイト

初代iPhoneが発表されたのは2007年1月9日。早くも10年が経ちました。その間にiPhoneはiPhone 7へと進化すると共にAppleの公式サイトのデザインも変わってきましたが、現在も初代iPhoneの公式ページをアーカイブサイトで閲覧することが可能です。

初代iPhone公式ページのシンプルなデザインポリシー自体は現在と変化ありませんが、サイトのメニューデザインなどが時間の変遷と共に大きく変更されています。

初代iPhoneページでは、1番にワイドスクリーンのiPodということがPRされ、当時のiPod人気にあやかろうとする意気込みが感じられます。PRは、次に電話機能、インターネットデバイスという順に続きます。

初代iPhone当時は、App Storeもなく、iPhoneでテキストのコピー&ペーストも不可能でしたが、スマートフォンへのマルチタッチの導入は、ある意味画期的な出来事でした。

(via Cult of Mac