Apple、マップサービス改善のために米国内でドローンによる情報収集を計画

ios10-iphone6-maps-directions

Bloombergによると、Appleは、マップサービス改善のために米国内でドローンによる情報収集を計画しているとのことです。これによりマップ会の巨人であるGoogleに少しでも追いつきたい考えです。

Appleはこれまでミニバンを改造し、それにカメラやセンサーを搭載してマップの情報収集を行ってきましたが、これに加えてロボット工学・データ収集の専門家から成るドローンを使うチームを編成しているとのことです。

これに関しては米連邦航空局(FAA)は、Appleに対して2016年3月22日付で商業目的でドローンを利用する特例適用を承認しています。

またAppleは、ほかにも建物内の映像とカーナビ改善を含めたプロジェクトを実施しています。

Last Updated on 2017年10月11日 by M林檎

コメントを残す