iPhoneの「カメラ」アプリに、Appleは拡張現実感機能(AR)を組み込むのか?

camera222

Business Insiderによると、Appleの計画に精通している人物の話として、AppleがiPhoneの「カメラ」アプリに拡張現実感機能(AR)を組み込む開発を行っているとのことです。

ar_locations-1

Appleは、「カメラ」を対象物に向けることによって、リアルタイムに対象物を認識できるようにする計画で、すでに「写真」アプリでは、マシンラーニング技術により、顔認識ができるようになっています。

ほかにもAppleがウェアラブルデバイスであるスマートグラスを開発しているとの噂もあり、Appleが様々な分野でARを取り入れようと準備を進めている可能性があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2017年9月14日 by M林檎

コメントを残す