Kindle日替わりセール、中野 京子(著)『「絶筆」で人間を読む 画家は最後に何を描いたか (NHK出版新書)』499円

「絶筆」で人間を読む51qqKxK1wBL._SX320_BO1,204,203,200_

本日(2016年5月27日)のKindle日替わりセールは、中野 京子(著)『「絶筆」で人間を読む 画家は最後に何を描いたか (NHK出版新書)』です。価格は499円となっています。

『あの有名な画家――その最後の作品を知っていますか?
ルネサンス、バロック、印象派……もう、そんな西洋絵画の解説は聞き飽きた。知りたいのは「画家は、何を描いてきたか」、そして「最後に何を描いたか」。彼らにとって、絵を描くことは目的だったのか、それとも手段だったのか―。ボッティチェリからゴヤ、ゴッホまで、15人の画家の「絶筆」の謎に迫る。』